直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療・年金 > 国民年金 > 年金受給者や保険料納付者など年金に関する新型コロナウイルス感染症の影響による対応について
年金受給者や保険料納付者など年金に関する新型コロナウイルス感染症の影響による対応について

障害(基礎・厚生)年金に係る障害状態確認届(診断書)の提出期限の延長

障害基礎年金、障害厚生年金受給中で、障害状態確認届(診断書)を提出する必要のある下記の(1)(2)いずれかに該当する方については、それぞれに示している提出期限までに障害状態確認届(診断書)を提出されれば障害年金の一時差止めを行わない取り扱いになっています。
  (1) 対象者
         障害状態確認届(診断書)等の提出期限が令和3年2月末日の方
       提出期限
         令和3年5月末日まで

(2) 対象者
         障害状態確認届(診断書)等の提出期限が令和3年3月末日、4月末日又は5月末日の方
       提出期限
         令和3年6月末日まで

国民年金保険料の免除

感染症の影響により一定程度の収入が下がった次の対象者のいずれにも該当する方には、臨時特例として国民年金保険料の免除ができます。

ただし、配偶者や世帯主の所得も審査の対象になります。また、免除に該当した場合は、追納しない限り将来受け取る基礎年金額が少なくなるので注意が必要です。

対象者

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少

(令和2年2月以降に感染症の影響により業務が失われるなど所得が減少したこと)

(2)収入の減少により相当程度まで所得低下の見込みがあること

((1)により令和2年2月以降の所得状況からみて、当年中に見込まれる所得が、国民年金保険料の免除等の基準適用相当になることが見込まれること)

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民・人権同和対策課 人権・同和対策係

電話番号:0949-25-2105 このページの内容についてメールで問い合わせする