健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

高額療養費

更新日 2019年03月12日

国保の加入者で、医療費が高額になった場合、申請すると限度額を超えた金額を後日支給されます。事前の申請により発行する「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することにより、入院・外来ともに窓口での負担が限度額(所得によって異なる)までとなりますので、市庁舎1階 保険課  医療保険係で手続きをしてください。

入院を予定している人は限度額認定証についてを参考にしてください。

また、高額療養費の支給については次のとおりです。  

70歳未満の人の場合

1. 一部負担金が限度額を超えた場合

同じ人が同じ月内に、同じ医療機関に支払った医療費が次の限度額を超えた場合は、その超えた分を支給します。

住民税課税世帯 旧ただし書所得
901万円超

252,600円+(医療費‐842,000円)×1%

注意<4回目以降は140,100円>

旧ただし書所得
600万円以上901万円以下

167,400円+(医療費‐558,000円)×1%

注意<4回目以降は93,000円>

旧ただし書所得
210万円以上600万円以下

80,100円+(医療費‐267,000円)×1%

<4回目以降は44,000円>

旧ただし書所得
210万円以下

57,600円

<4回目以降は44,000円>

 住民税非課税世帯

35,400円

注意<4回目以降は24,600円>

注意過去12ヵ月間にひとつの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合は3回目までの限度額よりも低い限度額が設定されています。(多数該当)

2.自己負担額の計算方法

月の1日から末日まで、暦月ごとの受診について計算します。

  • 2つ以上の医療機関にかかった場合は、別々に計算します。
  • 同じ医療機関でも、歯科は別計算となります。
  • 同じ医療機関でも、入院と外来は別計算となります。
  • 入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代や歯科の自由診療などは支給の対象になりません。
  • 同じ世帯で同じ月内に、一部負担金を21,000円以上支払った人が複数いるとき、それらの額を合算して、限度額を超えた分を支給します。

 70歳以上74歳以下の人の場合

70~74歳の人は、同じ月内に外来でかかった自己負担額を外来(個人単位)の限度額に適用後、世帯で世帯単位の限度額を適用します。外来・入院とも窓口での負担が限度額までとなります。

1. 一部負担金が限度額を超えた場合

平成29年7月まで
 所得区分  自己負担限度額
外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
一定以上所得者 44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
 <4回目以降は44,400円>
一般  12,000円  44,400円
住民税非課税  低所得者Ⅱ  8,000円  24,600円
 低所得者Ⅰ  8,000円  15,000円


平成29年8月から平成30年7月まで
 所得区分  自己負担限度額
外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
一定以上所得者 57,600円  80,100円+(医療費-267,000円)×1%
 注意<4回目以降は44,400円>
一般 14,000円
 (年間上限 144,000円)
57,600円
 注意<4回目以降は44,400円>
住民税非課税  低所得者Ⅱ  8,000円  24,600円
 低所得者Ⅰ  8,000円  15,000円

注意過去12ヵ月間にひとつの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合は3回目までの限度額よりも低い限度額が設定されています。(多数該当)

平成30年8月から

所得区分

(課税所得) 

 自己負担限度額

外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)

現役並みⅢ

(690万円以上)

 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

注意<4回目以降は140,100円>

現役並みⅡ

(380万円以上)

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

注意<4回目以降は93,000円>

現役並みⅠ

(145万円以上)

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

<4回目以降は44,400円>

一般 18,000円
(年間上限 144,000円)
57,600円
 注意<4回目以降は44,400円>
住民税非課税 低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円

15,000円

注意過去12ヵ月間にひとつの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合は3回目までの限度額よりも低い限度額が設定されています。(多数該当)

2.自己負担額の計算方法

  • 月の1日から末日まで、暦月ごとの受診について計算します。
  • 外来は個人ごとにまとめますが、入院を含む自己負担限度額は世帯内の70歳以上74歳以下の人で合算して計算します。 
  • 入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代や歯科の自由診療などは支給の対象になりません。


高額療養費の支給申請について

高額療養費の支給申請に必要なもの

限度額を超えて支払った医療費は、次のものを持って市庁舎1階6番窓口保険課医療保険係で

高額療養費の申請をしてください。

  • 国民健康保険証
  • 領収書
  • 世帯主の印鑑
  • 預金通帳

注意申請期限は診療月の翌月1日から2年間です。

高額療養費支給申請書 (45KB; PDFファイルPDFファイル

このページの作成担当・お問い合わせ先

保険課 医療保険係

電話:0949-25-2113 このページの内容についてメールで問い合わせする