健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

出産育児一時金

更新日 2019年03月12日

医療保険制度(健康保険や国民健康保険など)に加入している人が出産したときは、定額の出産育児一時金が支給されます。


支給方法

安心して出産できるよう、原則として医療保険の保険者から病院などへ直接出産育児一時金を支払う仕組みに変わりました。

これまでは、出産前にまとまった現金を準備して出産費用を病院などに支払った後、被保険者が医療保険の保険者に申請を行い、出産育児一時金を受け取る仕組みでした。

※ これまでどおり、出産後に被保険者が受け取る従前の受け取り方法を利用することもできます。その場合、いったん現金で病院などにお支払いいただくことになります。

※ 出産にかかった費用が出産育児一時金の支給額(原則40万4000円)未満の場合、その差額を受け取ることができます。後日、被保険者が医療保険の保険者へ請求してください。

 

支給額

 条件  被保険者が出産したとき支給されます。(妊娠12週以降の死産を含む)
 支給額  404,000円(産科医療補償制度加入医療機関での出産は420,000円)
 申請場所  直方市国民健康保険へ加入している方
 市庁舎1階6番窓口保険課医療保険係
 
  または加入している保険制度の担当部署
 申請に必要なもの

 出産される医療機関と契約すれば、それ以外の手続きは原則不要です。

   これまでどおり出産後に受け取る場合

  •  母子健康手帳または出生証明書(死産証明書)
  •  国民健康保険証
  •  印鑑
  •  通帳(世帯主名義の口座)
  •  代理契約に関する文書の写し
  •  出産費用の領収・明細書の写し


このページの作成担当・お問い合わせ先

保険課 医療保険係

電話:0949-25-2113 このページの内容についてメールで問い合わせする