直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 教育・文化 > 芸術・文化 > 『史跡 筑豊炭田遺跡群』整備基本計画策定

『史跡 筑豊炭田遺跡群』整備基本計画策定

更新日 2021年09月15日

平成30年10月15日にわが市の筑豊石炭鉱業組合直方会議所及び救護練習模擬坑道が国史跡に指定されました。

このたび、国史跡の構成資産である「旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所および救護練習所模擬坑道」について、保存と活用の基本方針を示した史跡筑豊炭田遺跡群 保存活用計画(令和2年3月策定)に基づき、具体的な整備計画や活用方針などを示す『史跡筑豊炭田遺跡群 旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所及び救護練習所模擬坑道 整備基本計画』を令和3年3月に策定しました。

日本の近代化を推進した当該史跡が有していた歴史的機能や、そこで行われていたことを理解し実感する空間にするとともに、より多くの方にお越しいただき、魅力を伝えていけるよう活用・整備を図るための整備基本計画としました。

計画書の内容は以下から、ご覧いただけます。なお、ファイルサイズが大きいため、全体を前半(表紙から第4章)、後半(第5章から裏表紙)の2つに分割しています。

このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館)

電話:0949-25-2326、0949-25-2241 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする