直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 教育・文化 > 芸術・文化 > 周知の埋蔵文化財包蔵地内での工事手続きについて

周知の埋蔵文化財包蔵地内での工事手続きについて

更新日 2021年04月16日


埋蔵文化財について

「埋蔵文化財」とは、土地に埋蔵されている文化財(いわゆる「遺跡」)を指します。埋蔵文化財の存在が知られている土地、もしくは存在する可能性が高い土地を「周知の埋蔵文化財包蔵地」と呼びます。これらの「周知の埋蔵文化財包蔵地」には、集落跡やお墓、窯跡などの多様な種類があり、時代も旧石器時代から近代にまで及びます。

埋蔵文化財と文化財保護法

文化財保護法では、「周知の埋蔵文化財包蔵地」において土木工事などの事業を行う場合には、所管の教育委員会に事前の届出等(文化財保護法第93条、94条)を、また、新たに遺跡を発見した場合にも届出等を行うように求めています(同法第96条、97条)。なお、出土した土器などの遺物(出土品)は、所有者が明らかな場合を除いて、発見者が所管の警察署長へ提出することとされています(同法第100条)。

周知の埋蔵文化財包蔵地の照会について

住宅建設や土木工事等の計画がある場合は、事前に教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係まで、埋蔵文化財包蔵地に該当しているか照会をお願いいたします。

照会方法

照会については文化・スポーツ推進課 社会教育係の窓口に直接お越しいただくか、メール、ファックスにてお問い合わせください。照会地の案内地図(住宅地図等)に該当地をマークし、持参するか添付下さい。照会地に齟齬が生じる可能性がありますので、お電話での照会は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

  • 窓口にお越しの場合 直方市中央公民館1階(直方市津田町7-20)
  • メールアドレス   n-kominkan@city.nogata.fukuoka.jp
  • ファックス番号   0949-22-0785
  • 宛先        直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係 文化財担当

回答方法

基本的には口頭での回答とさせていただきます。回答書をご希望の場合は、以下の2点をご提出お願いいたします。直接窓口までお越しいただくか、メールまたはファックスでご提出ください。

  1. 文化財の所在の有無について(照会) 様式
  2. 照会地をマークした案内地図(住宅地図など)

回答書の送付につきましては、「文化財の所在の有無について(照会)」をご提出いただいてから、4~5日お時間をいただきます。回答書については、メール又はファックスでお送りをさせていただきます。

試掘・確認調査について

市内で住宅建設や土木工事、土地の造成などの事業を行う際には、遺跡の有無を確認するための「試掘・確認調査」を実施する場合がございます。試掘調査の要否については、事前に教育委員会までお問い合わせください。

試掘・確認調査の実施依頼は、「埋蔵文化財の所在の有無確認のための試掘調査について(依頼)」及び「埋蔵文化財試掘調査承諾書」に必要図面を添付のうえ原本を文化・スポーツ推進課 社会教育係までご持参されるか、郵送でご提出ください。書類に不備がございますと、受理ができず調査が実施できない場合がございます。ご提出の前に、記入上の注意をご一読いただき、必要書類等をよくご確認ください。

土木工事や開発等に伴う埋蔵文化財関係の手続きの流れ

お手続き等の流れにつきましては、開発等における埋蔵文化財の手続き(フローチャート) (915KB; JPGファイル)をご確認ください。

このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館)

電話:0949-25-2326、0949-25-2241 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする