市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

市長の部屋

市長が語る 直方市のDX

対談の様子の写真直方市では、DX(デジタルトランスフォーメーション)といわれるデータ活用による行政サービスや産業界の業務革新を推進しています。スマート自治体への転換を目指し、令和3年度より本格的に「内部事務の効率化」「行政サービスの利便性向上」「地域の情報化」に取り組んでいますが、直方市のDXとこれからについて、本市DX推進本部CIO補佐官の森戸氏と対談しました。

対談の様子は市公式ユーチューブで公開中。抜粋記事を市報のおがた令和3年10月1日号に掲載しています。

直方市のこれからが見えてきます。ぜひご覧ください。

最近の市長動向 

アドバンテックテクノロジーと締結 

令和3年7月5日、直方市とアドバンテックテクノロジーズ(株)との連携協定締結式を市庁舎で行いました。両者は令和2年度から遠隔監視制御型樋門管理システムの研究開発に取り組んでいましたが、さらなる技術改良や実証の拡大を目的に協定を結んだものです。(写真左:石田社長/右:大塚市長)河川の堤防に設置される樋門は、市内に54か所あります。そのうち3分の2が手動で開閉する仕組みとなっていますが、樋門管理者の高齢化による担い手不足が深刻で、運用方法の改善が急務となっています。今後は、大雨などの荒天時でも、正常に樋門を遠隔制御できるか等を検証していきます。




このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2212(秘書) FAX:0949-22-5107 このページの内容についてメールで問い合わせする