産業・事業
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

直方 自慢の米

更新日 2019年02月08日

直方では水稲栽培が盛んです。

直方市総農地面積の約3分の2で「夢つくし」や「元気つくし」、「ヒノヒカリ」などの品種が作られています。

また、地域ごとにこだわりのお米が生産されています。


直方で生産されているオリジナル米

六ヶ岳米

自然の恵みを大切にし、米ぬかや油カスなどを使用した農法で育てられたお米です。六ツ岳米の商品画像

福岡県が推進する「ふくおかエコ農産物認証」を受けています。


ふくおかエコ農産物認証制度とは?(外部リンク)


福智山麓名水米

福智山山系の水は「水源の森百選」にも選ばれ、農業用水としても使われています。福地山麓名水米の商品画像

福地山麓の自然豊かな水で育まれたお米です。

「水源の森」百選とは?(外部リンク)


アイガモ米

新入地区の新入農業農村活性化実行委員会(若手グループ)が栽培しているお米です。

アイガモを水田に放ち、米ぬかなどの有機質肥料を使用しています。

アイガモは稲の成長の妨げとなる雑草や虫を食べ、田んぼの中を泳ぎまわることで、土の攪拌を手伝う役割も担っています。


米粉

直方産のお米で作られた米粉

直方では米粉用米の生産も積極的に行われています。米粉の商品画像

米粉はとろみをつけたり、ホワイトソースに使ったり、様々な用途に使えます。

また、グルテンフリーなのでくっつきにくく、だまになりにくい特徴があり、お菓子やパンにも最適です。

直方では市内の企業と協力し、米の消費拡大に向けた取り組みを推進しています。


このページの作成担当・お問い合わせ先

農業振興課 農業振興係

電話:0949-25-2160 このページの内容についてメールで問い合わせする