くらし
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

尾崎浄水場概要

更新日 2016年10月19日

遠賀川(豊水)水系浄水場 => 尾崎浄水場

処理能力

最大12,200立方メートル/日)

所在地

直方市大字山部1146番地

水源及径路

遠賀川表流水を尾崎水源地から尾崎貯水池までポンプアップで貯留し、これを

   原水として貯水池直下より12,600立方メートル(豊水期日最大)を取水します

浄水方法

凝集沈殿池・急速ろ過方式

更新期間

平成13年8月から平成16年7月まで

   浄水設備の全面更新および工作物の部分改修工事完了


浄水施設改良工事

  • 着水井 1池
  • 活性炭接触池 1池
  • 急速混和池 1池
  • フロック形成池 4池
  • 薬品沈殿池(傾斜板沈降装置付) 2池
     傾斜板枚数1列/池 69枚
  • 急速ろ過池(自己逆流洗浄型)ろ過面積 14.8平方メートル×8池
  • 浄水池 2池
  • 調整槽 2池
  • 管理棟(鉄筋コンクリート2階建) 建築面積465.0平方メートル

   BF床面積165.0平方メートル--ポンプ室・倉庫

   1F床面積450.0平方メートル--電気室・薬品注入室・水質計器室・真空ポンプ室

   2F床面積360.0平方メートル--操作室・水質試験室・活性炭投入室


尾崎総合排水処理場

処理能力

最大固形物重量1.3t/日

所在地

直方市大字山部1180-1番地

用途

各浄水場の沈殿池引抜汚泥およびろ過池洗浄排水の統合処理

処理方法

フィルタープレスによる加圧脱水+上澄水返送

更新期間

平成13年8月から平成16年7月まで

   脱水設備の新設および工作物の部分改修工事完了

 

総合排水処理施設更新工事

  • 調整池 2池
  • 上澄水槽 1池
  • 汚泥濃縮槽 2池
  • 汚泥脱水機棟(鉄骨造4階建) 建築面積174.4平方メートル

   1F床面積174.1平方メートル--汚泥貯留槽・補機ポンプ・脱水ケーキ積込エリア

   2F床面積156.2平方メートル--脱水機ホッパー・電気室

   3F床面積 92.1平方メートル--脱水機本体

   4F床面積 67.5平方メートル--脱水機本体・現場操作エリア


 

尾崎浄水場+尾崎総合排水処理場 - 航空写真

尾崎浄水場 尾崎総合排水処理場

(写真左から) 

尾崎浄水場

尾崎総合排水処理場



このページの作成担当・お問い合わせ先

水道施設課 浄水係

電話:0949-25-2179 このページの内容についてメールで問い合わせする