直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 指定管理者 > 指定管理者のモニタリング
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

指定管理者のモニタリング

更新日 2019年04月16日

モニタリングとは

「モニタリング」という用語を辞書で引くと、「監視・観察」「日常的・継続的な点検」を意味します。

ここでは、公共サービスを民間企業等にアウトソーシングした際に、良質なサービスが実施されているかを行政がチェックする仕組みのことです。

モニタリングは、指定管理者が行う施設管理状況の監視だけでなく、PDCAサイクルの中に位置づけて継続的改善を行い、サービス水準の向上を図ります。また、市のほかに第三者評価委員会を取り入れることで、施設の管理運営状況についての客観的評価を得、よりよい施設の運営を目指します。

本市では、作業を円滑に進め、市民サービス向上につなげるためのマニュアルを作成し、これに沿って行います。


直方市指定管理者モニタリングマニュアル(H30.10.30改定) (658KB PDFファイルPDFアイコン)


平成30年度に実施したモニタリング

 直鞍産業振興センター(本館・別館)

 直方市文化施設(ユメニティのおがた、直方市立図書館、直方市石炭記念館、直方市歳時館、直方市美術館、直方市美術館別館)

※モニタリングおよび第三者評価


このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 企画経営係

電話:0949-25-2230 このページの内容についてメールで問い合わせする