直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市政・組織・計画 > 都市計画・景観 > 直方市中心市街地活性化基本計画 > 基本方針2:歴史と文化の集積を活かし、ひとが集うまちづくり
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

基本方針2:歴史と文化の集積を活かし、ひとが集うまちづくり

更新日 2016年10月19日

目標

歴史と文化を活かした新たな魅力の発掘による交流人口の増加


指標     街なか文化施設利用者数

現況値(平成19年度)41,498人/年   →   目標値(平成25年度)42,400人/年(約2.2%増)


取り組みの方向性

  • 歴史的建造物を活かしたまちの魅力づくり
  • 文化施設を活かしたまちの魅力づくり
  • 案内板整備や案内マップを活用した地域の回遊性の向上とまちの魅力づくり
  • 来街者を対象とする組織づくりによる集客力の向上




このページの作成担当・お問い合わせ先

都市計画課 建築都市係

電話番号:0949-25-2201 このページの内容についてメールで問い合わせする