直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2021年度 > 水色のカエルを発見!みんなにも見て欲しいな(6/3)
まちの話題
紅葉
バックナンバー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

水色のカエルを発見!みんなにも見て欲しいな(6/3)

更新日 2021年06月03日

水槽を手にするかれんさん 水色のアマガエル

令和3年5月29日、上頓野で水色のアマガエルが発見されました。
自宅まわりの木を手入れしていた上川さんの目の前に、根元からぴょんと飛び出したのは一匹のきれいな水色のカエル。すぐに娘の蓮嘉(れんか)さん(9歳)にも見せ、家族でカエルの住む環境を整えてあげました。

カエルに餌をあげるれんかさん

アマガエルの体長は約3センチ。水色が好きな蓮嘉さんは「スカイ」と名付け、餌をあげて可愛がり、自身の通う上頓野小学校でもお披露目されました。
アマガエルの寿命は野生下で3~5年、飼育下では5~10年といわれており、上川さん一家は飼育ができるのか不安だったのと、色んな人に見てもらいたいとの思いで、遠賀川水辺館へ寄贈されました。蓮嘉さんは「初めて見たとき、色がきれいですごいと思った。今からいいことがありそう。」と話しました。
水色のアマガエルは、水辺館で一般公開中です。


遠賀川水辺館(溝堀1丁目1-1)

開館時間:午前10時~午後6時

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)



このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする