この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ガソリンを購入するときのお願い!

更新日 2019年11月08日

令和元年7月18日に京都府京都市伏見区の京都アニメーションにおいて、極めて重大な人的被害を伴う爆発火災が発生しました。

この火災の詳細については現在調査中ではありますが、ガソリンスタンドにて購入したガソリンを使用していたということもあり、ガソリンスタンドにおいて携行缶を用いてのガソリンの購入の際には、下記の項目を参考にし、今一度安全に十分に注意して取り扱うようにしてください。


容器は消防法に適合していますか

法令に適合した容器でなければガソリンを入れることはできません。(灯油用の容器にガソリンを入れることはできません)

乗用車による容器の運搬を行う場合は、金属製容器(最大容積22ℓまでのもの)とする必要があります。

※ガソリン容器の例

 目が不自由な人のために、掲載する画像の説明を記載してください。     


※容器については下記のページをご覧下さい

危険物保安技術協会ホームページ

危険物保安技術協会携行缶ポスター


使用目的や購入数量について

購入するガソリンの使用目的等について聞かれる場合がありますが、ご協力お願いします。


身分証明書による本人確認について

ガソリンの購入に際し、本人確認ができる身分証明書による確認を行う場合があります、ご協力お願いします。



このページの作成担当・お問い合わせ先

消防本部 予防課 危険物係

電話番号:0949-25-2302 このページの内容についてメールで問い合わせする