この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

奏功事例

更新日 2019年03月22日

直方市消防本部では、住宅用火災警報器を設置していたことで、大切な「命」や「財産」を守ることができた事例が数多く報告されています。
  以下の事例は、実際に直方市消防本部管内で住宅用火災警報器が活躍した事例です。

奏功事例(1)  住人が警報音に気づき、火災に至らなかった事例(平成30年中)

ガスコンロに鍋をかけ、火をつけたままテレビを視聴したもの。
隣の住人が住宅用火災警報器の鳴動音に気付き、119番通報を行い、居住者に火災の発生を知らせに行き、部屋に入りガスコンロのスイッチを切り消火した。
   隣の住人による消火が行われるまで、煙の発生に気づいていなかったが、早期に発見したため、鍋の中身だけが焼損し、火災にはいたらなかった。

台所で住宅用火災警報器が作動する様子

住宅用火災警報器!取りつけましたか?お手柄事例!

住宅用火災警報器を取り付けましょう 住宅用火災警報器を取り付けましょう (843KB; PDFファイルPDFアイコン)
 


このページの作成担当・お問い合わせ先

消防本部 予防課 建築係

電話番号:0949-25-2302 このページの内容についてメールで問い合わせする