直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 施設 > 施設 > 「公立公民館」と「自治公民館」について
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

「公立公民館」と「自治公民館」について

更新日 2018年06月07日

「公立公民館」と「自治公民館」は、同じ「公民館」という名称を冠していますが、次のような相違があります。


【直方市の場合】

公立公民館 自治公民館

市が社会教育法第21条の規定に基づき、条例により設置した社会教育施設(機関)


※「直方市中央公民館」の1館のみ。

組織

各地域の自主的な組織

(社会教育法第42条に規定する公民館類似施設)

※「○○公民館」「○○校区公民館」など。○○には地域名を冠していることが多い。

市教育委員会 管理・運営 地域住民組織
市の予算 経費 地域住民の負担(会費など)

・営利を目的として事業を行い、特定の営利事務に公民館の名称を利用させその他営利事業を援助すること。

・特定の政党の利害に関する事業を行い、または公私の選挙に関し、特定の候補者を支持すること。

・特定の宗教を支持し、または特定の教派、宗派もしくは教団を支援すること。

・公益を害し、または風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

・施設等を破損し、または滅失するおそれがあると認められるとき。

・その他公民館の管理上支障があるとき。

使用制限 各自治公民館で定めたルールによる。


  •   以上のように、それぞれ異なった点がありますが、大きな相違点は、公立公民館は市が設置した社会教育の機関であり、自治公民館は地域住民が設置した自主的な組織であることです。 


  • 自治公民館(公民館類似施設)では、「営利」「政治」「宗教」などの目的での利用が法律で制限されているわけではありません。したがって、使用の可・不可は、各自治公民館で定めたルールによります。
このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館内)

電話:0949-25-2326 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする