生活排水処理基本計画

更新日 2018年03月05日

本計画は、直方市において排出されるし尿や汚泥等を、生活環境の保全、公衆衛生の向上を前提としつつ、公共用水域の水質汚濁を防止するとともに、地域の実情に適した循環型社会の実現を目指し、適正かつ効率的に処理することを目的として、生活排水処理基本計画を策定するものです。

生活排水は、人が日常生活を行う過程で発生させる汚水であり、大きく分けてし尿または水洗便所排水と、台所排水、洗濯排水、浴室排水等の生活雑排水から構成されています。その処理は、当初し尿を中心に生活環境を保全し、公衆衛生の向上を図ることに主眼を置いて行われていましたが、河川、湖沼、海域等の水質汚濁問題が顕在化する中で、生活雑排水を含めた処理を行う下水道や集落排水施設、合併処理浄化槽などの処理施設を整備することにより進められてきました。また、近年では、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会様式を見直し、天然資源の消費抑制と環境負荷の低減を目指した循環型社会の形成を実現していくことが課題となっており、生活排水処理においてもリサイクルの推進が求められています。

本計画は、平成18年度策定した生活排水処理基本計画を改定するものです。

計画年度は15年間と法令で定められており生活排水処理に変化が起きれば随時改訂をすることが義務付けられています。平成18年度供用開始の遠賀川中流流域公共下水道の進捗に合わせ今回改定する運びとなりました。
詳しくは、下記PDFをご覧ください。

 

直方市生活排水処理基本計画 (1476KB; PDFファイルPDFアイコン)


計画の期間

平成27年度から平成41年度までの15年間

平成31年度及び平成36年度を中間目標年と設定し進捗状況により見直しをおこないます。


根拠となる法令

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)第6条第1項



 

このページの作成担当・お問い合わせ先

環境整備課 庶務係

電話:0949-25-2120 このページの内容についてメールで問い合わせする