直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会出場

全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会出場

更新日 2019年03月25日

小野颯太郎さん(3月5日)

平成31年3月27日から30日に、都内で開かれる全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会への出場が決定した小野颯太郎さん(14)(直方第二中学校2年生)が、3月5日、出場報告に訪れました。
小野さんは直方スイミングスクール野上に4歳から通っていて、毎日放課後2時間ほど練習に励んでいます。一時期はタイムが伸び悩んだものの、筋力トレーニングや体幹トレーニングを行いながら体への負荷を高める練習も取り入れ、タイムが少しずつ伸びてきたといいます。2月の記録会では24秒63を記録し、標準タイムの24秒70の標準記録を上回って出場権を得ました。

小野さんは「自分より速い人はたくさんいるけど、少しずつ自信が出てきました。この大会では決勝進出を目指します」と力強く語りました。

表敬訪問の様子    表敬訪問の様子

力強く健闘を誓う小野さん

田代悠太さん(3月22日)

市長と握手を交わす田代さん同じく、同大会に出場する田代悠太さん(直方南小学校3年生)が、3月22日、出場報告に訪れました。
田代さんは現在9歳で、「10歳以下の部」に出場。「200メートル個人メドレー」「50メートルバタフライ」「50メートル平泳ぎ」の3種目で、自身初の全国大会に挑みます。5歳から直方スイミングスクール野上に通っていて、毎日2キロメートル以上を泳いでいる田代さん。今年に入り、この3種目でベストタイムを更新しました。田代さんは「全国の舞台で、また自己ベストを更新したい」と目標を語りました。母の亜紀子さん(41)は「(10歳の)上級生も参加するので上位は難しいかもしれないが、この全国大会がいい経験になればいいと思います」とエールを送りました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする