直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 筑豊高校から2選手が出場 投てき種目で全国大会へ
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

筑豊高校から2選手が出場 投てき種目で全国大会へ

更新日 2018年07月17日

表敬訪問の様子筑豊高校陸上競技部3年生の相川広弥さん(17)と入江桐靖(いりえひさのぶ)さん(17)が平成30年7月10日に市庁舎を訪れ、それぞれ男子砲丸投げと男子ハンマー投げで全国大会に出場することを報告しました。6月14日から17日に大分銀行ドームで行われた北部九州予選大会で、砲丸投げの相川さんは14メートル40で4位、入江さんは52メートル90で3位に入賞。投てき種目の選手としては小柄な二人ですが、ともに自己ベストを更新し、見事に全国大会への切符を手にしました。
 

表敬訪問の様子二人とも初の全国大会出場で、相川さんが出場する男子砲丸投げは筑豊高校からも初出場となります。市長は「インターハイは花の舞台。二人の姿は後輩の励みにもなるでしょう。ぜひ頑張ってきてください」と激励しました。
全国大会に向けて、相川さんは「自己ベスト更新」、入江さんは「決勝進出」と抱負を語りました。全国大会は8月2日から6日に三重県で開催されます。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする