直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 保護司として活躍 石田一人さんが瑞宝双光章を受章
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

保護司として活躍 石田一人さんが瑞宝双光章を受章

更新日 2017年12月19日

表敬訪問の様子平成29年12月15日、保護司の石田一人さん(70)が訪れ、瑞宝双光章の受章を報告しました。石田さんは32年もの間保護司として活動し、現在は直方保護区保護司会会長を務めています。犯罪や非行をした人の更生に無償で尽力してきた長年の功績が認められ、今回の受章に至りました。
石田さんは「今回、はからずも瑞宝双光章をいただくことができた。32年やってくることができたと思うと感慨深い」と振り返りました。石田さんは『社会を明るくする運動』の立ち上げにも携わっていて、より良い社会づくりに尽力しています。「これまで縁のなかった関係機関とも連携することができている。この運動を市長と一緒に進めていくことができて嬉しい」と語りました。


このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする