直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 直方川づくり交流会九州「川」のワークショップでグランプリ受賞
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

直方川づくり交流会九州「川」のワークショップでグランプリ受賞

更新日 2017年11月24日

平成29年11月21日、第17回九州「川」のワークショップin大野川(大分県)でグランプリを受賞した直方川づくり交流会が報告に訪れました。

九州「川」のワークショップは、九州各地の河川流域で活動している団体・学校・行政・企業などが一堂に会し、日頃の自然環境保護活動や地域づくり等の発表を通して、みんなで一緒に情報を共有し意見交換を行うものです。また、次世代を担う人材の育成や流域連携の促進も目指しています。表敬訪問の様子

直方川づくり交流会は「遠賀太郎は世界一」と題して、川づくりに携わる若手の育成活動の中で学んだ熱い想いを寸劇にして発表。出場45団体のうち見事グランプリを受賞しました。野見山ミチ子理事長(76)は「寸劇の練習を重ね、みんなの演技力が素晴らしかったおかげでグランプリを獲ることができました。どんなことも楽しんで活動しています」と喜びを語りました。市長は「直方市の強みのひとつとして長い歴史をもつ遠賀川がある。会のスローガン『川づくりは人づくり』を実現している。グランプリ受賞おめでとうございます」と讃えました。


このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする