直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 20年以上にわたり直方のまちを撮影
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

20年以上にわたり直方のまちを撮影

更新日 2017年11月15日

表敬訪問の様子市内の郷土史家増井幸憲(ますいみのる)さん(84)が、平成29年11月9日に来庁しました。日頃の活動報告を兼ねて、自身が作成した直方五日市700回記念写真集と、2018年まちなみカレンダーを市長に手渡しました。
 増井さんは27歳からカメラを始め、平成8年から直方市の風景が掲載されたカレンダーを毎年作成しています。福智山を撮影するときは、何度も足を運び光の加減などを確かめてから撮影するといいます。
 

表敬訪問の様子また今回は、昭和58年から始まった「直方五日市」のにぎわいを後世に伝えようと、五日市が700回目を迎えたことを記念して写真集にまとめました。増井さんは「今後10年先、20年先に活かせるような写真集になるようにとの思いで作成しました」と目を輝かせて話しました。
 市長は、「これら一枚一枚の写真がとても貴重なもの。カレンダーの色々な角度からみる福智山はほんとうに美しい。多くの市民にも見てもらいたいですね」と話しました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする