直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 名越大磨さんが全国障害者スポーツ大会出場へ
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

名越大磨さんが全国障害者スポーツ大会出場へ

更新日 2017年10月30日

表敬訪問の様子画像平成29年10月25日、第17回全国障害者スポーツ大会出場を決めた名越大磨(なごしひろま)さん(23)が報告に訪れました。視覚しょう害がある名越さんは28日の「ジャベリックスロー」、29日の「800メートル」(いずれも、その他(視覚)の部)に出場します。「ジャベリックスロー」とは、長さ70センチ、重さ約300グラムのロケット型の投てき物を投げる種目で、やり投げの規則に準じて飛距離を競います。ロケット型の投てき物は「ターボジャブ」と呼ばれ、プラスチック製で先端が柔らかく、安全な用具を使用しています。

表敬訪問の様子画像名越さんは直方特別支援学校の高校1年生の終わり頃から、先生からすすめられたのをきっかけに競技を始め、雨の日も雪の日も練習に励み、数々の大会で実績を残してきました。「ジャベリックスロー」は、4年ぶりの全国大会出場で、前回は40メートル60センチという当時の大会新記録で優勝を果たしました。

全国大会に向けて名越さんは「直方二中や近くの広場で練習するなど、やれることはやってきました。今回も、優勝を目指しています」と意気込みを語りました。市長は「全国大会への出場、おめでとう。しっかりと良い成績をおさめられるよう、祈っています。優勝の報告を楽しみにしています」と激励しました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする