直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 筑豊高校と手作りジェラート「CHICHIYA」がコラボジェラート開発
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

筑豊高校と手作りジェラート「CHICHIYA」がコラボジェラート開発

更新日 2017年11月27日

ジェラートを手にする筑豊高校の生徒とチチヤの野﨑さん平成29年10月6日、筑豊高校生活デザイン科の生徒と教員が、市内のジェラート専門店「手作りジェラートCHICHIYA」と共同開発したジェラート紹介のため、CHICHIYA代表の野﨑幸子さん(36)とともに訪れました。黒ごまきな粉の黒蜜がけジェラート、小松菜&フルーツヨーグルトジェラート、梅酢味噌みるくジェラート、かぼちゃとにんじんジェラートの4種類があります。
筑豊高校生活デザイン科課題研究として「健康」をテーマに商品を開発。かぼちゃやにんじんは地元の食材を使用し、CHICHIYAの野﨑さんと話し合いながら素材の分量や割合を調整して完成させました。この商品は「和(なごみ)ジェラート」と名付けられ、和風・人と人との和・地域の和という意味が込められています。

ジェラートを試食する壬生市長表敬訪問時は実際に市長が全種類を試食し「どれも美味しい。抵抗なく食べられる」と絶賛していました。3年生の所村奈央さん(18)と戸村美紗樹さん(18)は「健康をテーマに地元の食材などを使って、老若男女に美味しいと思ってもらえるように工夫した」と話しました。
このジェラートは10月6日からふるさと納税の返礼品に追加され、筑豊高校の文化祭等でも販売を予定しています。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする