直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 厚生労働大臣特別表彰を受賞
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

厚生労働大臣特別表彰を受賞

更新日 2017年07月10日

表敬訪問の様子


平成29年7月5日、元民生委員の大塚恵信さん(77)、篠原照行さん(81)、自見芳子さん(73)、元主任児童委員の安永彧生さん(77)が厚生労働大臣特別表彰を受け報告に訪れました。それぞれ、民生委員として市民の生活や福祉に関する相談・援助活動や、児童委員として子育ての不安に関する相談・支援などをボランティアで行ってきました。今回の特別表彰は、民生委員、児童委員活動を通して地域に多大な貢献をしてきた功績が認められたものです。 (写真/左から篠原さん、大塚さん、安永さん、自見さん)

表敬訪問の様子

表彰を受けて、大塚さんは「お寺の住職を勤めながら、周りの人たちや家族の支えがあって42年間頑張ってこられました」と振り返りました。また、篠原さんは「これまで培ったものが何かお役に立てればいいという思いで活動してきました。地域のみんなに支えられて受賞できました。感謝しています」と語りました。

表敬訪問の様子自見さんは「地元の住民の協力があって長く続けることができました。ありがとうございました」と思いを話しました。安永さんは「児童委員として地域の学校のお世話をすることができて感謝しています」と感想を述べました。4人の受賞者に対し、市長は「おめでとうございます。民生委員としての地域での声かけや見守り活動は本当に大事な役割です。長く務めていただいて感謝いたします」と労いの言葉をかけました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする