市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

2浪したからこその行動

更新日 2019年02月14日

中学2年の時、担任の先生のひと言で広告会社「電通」の存在を知った。当時、電通が何の会社かすら知らなかった。「電柱」と聞き間違えたほど。それで電通について調べ目標が定まった。それからは電通でCMを作る仕事が、自分にとっての「リアルな夢」になった。

どんなものでも表現を作る仕事にはクリエイティブな才能が求められるが、当時は根っからの体育会系で、文化的な匂いとは無縁な少年だった。字が上手だった父には書道教室を何度も勧められたが、断固として行かず、小中学校では野球、高校はラグビーにと部活に明け暮れた。そして、当時の運動部には、今の子たちには想像もできない厳しさがあった。そのため、タックルで頭を打ち過ぎたのか(笑)大学受験には2度失敗した。

 

福岡県直方市立直方北小学校の正門 福岡県直方市立直方第三中学校の正門

 

その後、九大と慶應に合格。「卒業後は絶対に電通で働く」そのためにはどちらの大学に進むべきか。既に2年を棒に振っている。これ以上の遠回りはできない。

散々迷ったあげく、電通九州支社に直接電話してみた。事情を聞いて電話口に出てくれたのはマーケティング部の部長。CMを作る仕事への憧れと、大学の選択に迷っていることを相談したら、「ウチの若手に会ってみろ」と場を設けてくれた。そこで、電通社員たちのいろんな視点で話を聞くことができ、慶應への思いを強くした。 


次のページへ

 1      2     3     4     5    6


  


このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする