直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 産業・事業 > 商工振興 > 直方市IoT推進ラボ > 九州大学グローバルイノベーションセンターと連携協定を締結しました

九州大学グローバルイノベーションセンターと連携協定を締結しました

更新日 2021年02月09日

目が不自由な人のために、掲載する画像の説明を記載してください。

九州大学グローバルイノベーションセンターと直方市が連携協定を締結

九州大学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同大学のオープンイノベーションに基づく産学官連携モデル(KOINE:Kyudai global Open Innovation Network Engine)を活用し、直方市が抱える課題の解決方法を検討するためのプラットフォームの構築について検討するとともに、このプラットフォームを用いて、直方市が抱える課題(行政課題、社会課題、産業課題)を解決することを目指し、同センターと連携協定を締結しました。


直方市では、中小企業が抱える人材不足や一人当たりの生産性の低下などの問題を解決するため、産業のデジタルトランスフォーメーションを推進しており、先進的IT技術を活用した産業活性化を目指しています。


この連携によって、直方市が抱えるさまざまな課題に対する解決方法について、九州大学とともに検討を行い、持続的な行政サービスの実現、福祉の充実、産業の振興、学術研究に寄与して参ります。


九州大学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同大学のオープンイノベーションに基づく産学官連携モデル(KOINE:Kyudai global Open Innovation Network Engine)を活用し、直方市が抱える課題の解決方法を検討するためのプラットフォームの構築について検討するとともに、このプラットフォームを用いて、直方市が抱える課題(行政課題、社会課題、産業課題)を解決することを目指し、同センターと連携協定を締結しました。

令和3年2月8日:連携協定締結式の様子

このページの作成担当・お問い合わせ先

商工観光課 産業イノベーション推進係

電話:0949-25-2155 FAX:0949-25-2158 このページの内容についてメールで問い合わせする