まちの話題
紅葉
バックナンバー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

坑夫の像 石炭記念館隣接地へ(4/14)

更新日 2021年04月16日

坑夫の像の写真 セレモニーの様子

令和3年4月14日、「坑夫の像」が中之島公園から石炭記念館隣接地へ移設されたことを記念し、セレモニーが行われました。坑夫の像は昭和29年に直方駅前のロータリーに建てられたもので、直方の石炭産業を支えた労働者を象徴とし、長く市民に親しまれてきました。平成8年に駅前ロータリーの整備により中之島公園に移設されていましたが、市民からの移設を願う声により、石炭記念館近くへ移設されました。
市教育委員会の山本教育長は「直方市が90周年を迎える年に移設された。直方の未来を切り開いていく意味を込めて、みなさまに愛されることを願う」と話しました。また、市長は「産業遺跡碑として、先人とのつながりと歴史を感じる。ここが坑夫の像の永住の地であることを願い、私も市民のみなさんと歴史を学びながら大切にしたい」と語りました。




このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする