二酸化炭素削減を達成した児童たちに証明書を授与

更新日 2021年02月16日

証明書授与の様子令和2年11月11日、福地小学校で市環境整備課の職員が4年生クラスに「環境カレンダー削減証明書」を授与しました。市内の小学4年生を対象とした環境学習の一環で、日常生活の中で二酸化炭素削減に取り組んだ実績を証明するものです。7月21日から8月31日までの41日間、児童たちは「ごはんを残さず食べる」「水道水を流しっぱなしにしない」「テレビやゲームの時間を10分縮める」などに取り組んできました。

証明書授与の様子福地小の4年生クラス(24人)は、12万7,367グラムの二酸化炭素削減を達成しました。市職員は児童たちに「削減量をガソリン車の走行距離に換算すると941キロメートル削減したことになる。直方から出発したら、東京を越えて栃木県宇都宮市まで行ける距離。これからも二酸化炭素削減をお願いします」と説明しました。児童たちは「へえ」「すごい」と地球温暖化防止への意識を高めたようでした。

このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする