市民ワークショップでSDGsを体験

更新日 2020年02月07日

令和2年2月2日に中央公民館で市による市民ワークショップ「SDGsカードゲームでまちづくり」が開催されました。

このワークショップは令和3年度からの10年間を計画期間とする第6次直方市総合計画の策定に際して、2015年9月に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について、その概念や、なぜまちづくりに必要なのかなどについて市民の皆さんと共有することを目的として開催され、高校生から70代まで幅広い世代の方が参加しました。

カードゲームを体験する参加者の様子

エスディージーズの説明を受ける参加者の様子

カードゲームを体験した参加者は、「最初は自分のチームの目標達成のためにゲームを進めていたけど、だんだんと他のチームの目標達成や世界の状況も考えて行動するようになった。協力することの大切さに気づいた」と感想をのべました。市の担当者はワークショップの終わりに「総合計画の策定において、様々な立場の市民の皆さんの意見を反映させるため、今後も行うワークショップなどにぜひご参加いただき、総合計画へのご協力をお願いしたい」と話しました。


このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする