直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 10月~12月 > 第8回愛情コメコメレシピグランプリ決勝戦
まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

第8回愛情コメコメレシピグランプリ決勝戦

更新日 2019年11月06日

令和元年1027日、「第8回 愛情コメコメレシピグランプリ」の決勝戦がQSANショールームここちと市の共催で行われました。このレシピグランプリは米粉の普及と地元農産物の消費拡大のために、毎年、行っているものです。今年は米粉もしくは米(直方産)を使った「和」のレシピを募し、応募総数は112件でした。プロアマを問わずの募集でしたが、決勝戦に進んだ6人全員が高校生でした。

決勝戦参加者らは、審査開始前にショールーム内にあるキッチンルームで70分という制限時間内で手際よく自慢のレシピで調理を行いました。

目が不自由な人のために、掲載する画像の説明を記載してください。

できあがった料理は、イベント会場のステージに運ばれ、みそソムリエやシェフ、カフェオーナーなどプロの視点で審査をする特別審査員3人と来場者から選ばれた一般審査員から審査を受けました。

審査の講評で、特別審査員のみなさんは口々に「甲乙つけがたい。いずれも高校生のレベルを超えている」と話しました。審査ポイントは「お店で出すなら」「家庭で作れるか」などの視点でジャッジしたそうです。一般審査員も市長もみなさん完食で、特別審査員の評価を裏付けていました。

激戦を勝ち抜き、最優秀賞に輝いたのは、大和青藍高校3年生の島田ひなのさん(17)の「和ミラス」でした。島田さんは昨年に続いての最優秀賞で2連覇を果たしました。

島田さんは「練習や試作に時間がかかったけど、うれしい。支えてくれた先生方に喜びを伝えたい」と語りました。

レシピは市ホームページで公開します。

コメコメレシピグランプリ詳細は「第8回愛情コメコメグランプリ」のページをご覧ください。

目が不自由な人のために、掲載する画像の説明を記載してください。

このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする