直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 10月~12月 > のおがたリーガルエイドプログラム基本合意書を締結
まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

のおがたリーガルエイドプログラム基本合意書を締結

更新日 2019年10月08日

締結の様子

令和元年10月7日、直方市と福岡県弁護士会、福岡県弁護士会筑豊部会、法テラス福岡の4者で「のおがたリーガルエイドプログラム基本合意書」を締結しました。生活保護受給者や生活困窮者らが抱える多重債務問題、離婚・相続等の問題、労働問題などを弁護士が市のケースワーカーと協力して法律面から支援します。この締結により、市では11月以降、毎月第3金曜日の午後2時から4時まで(1時間2枠)市庁舎内にて弁護士が、無料で法律相談を受けます。

締結の様子市長は「筑豊地区で初となる取り組み。直方市から広がっていければ」と期待を込めました。また、法テラス福岡副所長の伊藤巧示(こうじ)さんは「生活に困窮している方は、自分の課題が分からない場合が多い。ケースワーカーと連携して支援していきたい」と語りました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする