直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 10月~12月 > プロの演奏を目の前で体験 おでかけクラシック
まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

プロの演奏を目の前で体験 おでかけクラシック

更新日 2019年10月18日

おでかけクラシックの様子

令和元年10月17日、直方北小学校でプロのピアニスト・笹部 聡子(ささべ さとこ)さんによる「おでかけクラシック」を開催しました。子どもたちにプロの演奏を間近で体験させることで音楽の楽しさを知ってもらおうと、ユメニティのおがたが企画したものです。

おでかけクラシックの様子直方北小では小学3年生66人が参加し、ショパンの「小犬のワルツ」や「幻想即興曲」などプロのピアニストが奏でる音楽にうっとりとしていました。また子どもたちは、寝転がって目を閉じた中で演奏を聴き、音楽を心で聴く体験を行いました。さらに演奏だけではなく、演奏中のピアノの裏板(響板)に手を当てて振動を感じるなど、ピアノの仕組みも楽しく学びました。参加した田中 海(たなか うみ)さん(8)は「手の動きがすごかった」とプロの腕を絶賛しました。また吉武 利來(よしたけ りく)さん(8)は「感動した。音楽を聴いて心が落ち着きました」と話しました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする