直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 7月~9月 > 特別養護老人ホーム「すみれそう のおがた」を避難所に
まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

特別養護老人ホーム「すみれそう のおがた」を避難所に

更新日 2019年09月13日

令和元年9月10日、市と特別養護老人ホーム「すみれそう のおがた」を運営する社会福祉法人英会(はなぶさかい)が「避難所施設利用に関する協定書」を締結しました。上境地区に今年10月1日に開設する「すみれそう のおがた」は高台に位置しており、風水害時の避難所として適しています。また上境地区では、以前から災害時の避難所が少ないことが課題としてありました。この協定により、風水害の際「すみれそう のおがた」を一般の人が避難所として利用できるようになります。

 避難所施設利用に関する協定書締結式の写真 避難所施設利用に関する協定書締結式の写真

市長は「現在、避難所の数が足りていない状態です。特に上境地区は、地元からも要望があがっていた。大変ありがたい」と感謝の意を表しました。また、英会の理事長・高橋弘美(ひろみ)さんは「少しでも地域の皆さまに役立てられたらうれしい。1階の地域交流スペースやラウンジでは、避難所として約100人が宿泊できる」と話しました。


特別養護老人ホーム「すみれそう のおがた」

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする