直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2019年度 > 4月~6月 > 空手道選手権大会で準優勝&3位入賞を報告

空手道選手権大会で準優勝&3位入賞を報告

更新日 2019年07月01日

空手道選手権大会での結果報告の様子令和6月17日、東京武道館で行われたPOINT&K.O.第34回国際空手道選手権大会に出場し、「中学生無差別級」で準優勝した池永一球(いっきゅう)さん(14)(写真左)と、「小学5年生の部」で3位に入賞した中野獅己(しき)さん(12)(写真右)が結果報告に市庁舎を訪れました。
2人はこの全国大会へ、昨年に引き続いての出場でした。池永さんは「決勝戦では体力で相手に負けました。次は体力をつけて優勝したい」、中野さんは「相手の技の多さに圧倒された」と振り返りました。指導している励士館空手道場の川北館長によると「2人は練習量が人一倍多く、普段の生活においても他の練習生のお手本になっている」とのことでした。年長から空手を始めたという2人は「空手をやっていて、大きな声で挨拶をするなど礼儀を身につけられたことがよかった」と背筋を伸ばし、力強くもさわやかに話してくれました。
市長は「今度のオリンピックで空手が正式種目になりました。直方からオリンピック選手が出るかもしれません。楽しみです。これからも頑張ってください」と激励しました。
  

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする