石炭記念館で「燃ゆる石のおもてなし」

更新日 2019年01月28日

写真の説明をする八尋館長平成31年1月26日、直方市石炭記念館でイベント「燃ゆる石のおもてなし」が行われました。当日は、おなじみ八尋館長のおもしろトーク、SL乗車体験、ポストカードの配布に加え、国指定史跡「救護練習所模擬坑道」の特別公開や、石炭で炊いた「燃ゆる石ぜんざい」の無料提供などを実施。冷たいみぞれ交じりの雪が降るあいにくの天候でしたが、約60人が訪れ、これらの催しを楽しんでいました。

救護練習所模擬坑道の公開の様子

飯塚市から訪れた70代の男性は「飯塚市でのリレー講座にも既に参加しており、直方市での2月の講座にも参加予定です。八尋館長の話はわかりやすくて楽しいですね」と館長の話に耳を傾けていました。館長は「日本近代化の原点となったこの場所で、まだまだ知らない近代の直方を幅広く知ってもらいたい」と語りました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする