まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

日本赤十字社金色有功章を受章

更新日 2018年12月04日

表敬訪問の様子平成30年11月30日、直方市赤十字老人看護奉仕団「胞子の会」が市庁舎を訪れました。11月21日に開催された日本赤十字社福岡県支部創設130周年記念赤十字大会において、奉仕者功労の部で「胞子の会」代表の古賀章子さん(73)が、奉仕団功労の部で「胞子の会」が、それぞれ日本赤十字社金色有功章を受章したことを報告しました。この章は、同支部の赤十字奉仕団等で、長年尽力した個人や団体に贈られます。

表敬訪問の様子「胞子の会」は平成3年に設立され、現在の会員は24人。定期的な介護公開講座の開催や、介護老人福祉施設での月一回のシーツ交換等、介護に関する知見や技術を広めた点が評価されました。古賀さんは、「この受章は励みになります。介護のことをもっと多くの人に知ってもらうとともに、会員も集まれば嬉しい」と語りました。壬生市長は「このような活動を続けるのは難しいと思うが、28年も継続してきたのは本当に素晴らしい」とたたえました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする