まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

入館者数30万人達成 直方市石炭記念館

更新日 2018年11月27日

旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所が昭和46年7月に「直方市石炭記念館」として誕生し、開館以来の入館者数が平成30年11月23日、30万人を突破しました。記念館は筑豊炭田遺跡群のひとつとして救護訓練所模擬坑道とともにこの10月に国史跡に指定されたばかりです。

30万人目となったのは、地元の老人会の日帰り旅行で訪れた須恵町の福永頼謙さん(よしかね)さん(72)。市長から認定証が手渡され、田岡教育長・八尋館長から年間パスポートや成金饅頭が贈られました。 福永さんは「直方に来たのは初めてで、30万人目とはほんとうにびっくりしました」。一緒に来ていた妻のふじ子さん(68)は「成金饅頭は食べたことがあって、美味しくて大好きです」と喜びを語りました。八尋館長は「30万人到達は感激。ここにはまだ知られていない歴史的価値のある資料がたくさんある。これからもPRしていきたい」と話しました。

セレモニーの様子


このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする