まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光案内所がオープン

更新日 2018年11月06日

観光案内所直方市観光物産振興協会は、JR直方駅に新たな情報発信拠点として観光案内所を新設しました。11月3日からの業務開始に合わせてオープニングセレモニーが行われました。

観光案内所は、駅二階、みどりの窓口の隣に開設されています。駅の中という強みを活かし、国の史跡指定を受けた石炭記念館や高取焼の窯元など観光名所を始め、飲食店の紹介や道案内、イベント情報の提供を行います。
 

成金饅頭入刀の様子

同協会理事長の三原ゆかり副市長は「この案内所は、寒い時期に咲く香り高い気品のある梅の花と、希望の色である黄色をコンセプトにデザインされています。ここを拠点に直方をどんどんピーアールして愛していただけるような場所になるように頑張ります」と意気込みを語りました。また、筑豊篠栗鉄道事業部の森部毅部長は「地域と一緒になって魅力ある駅となればいいですね」と話しました。

グルメキャラクター直方焼きスパマンも応援に訪れ、直径37センチの特大の成金饅頭に入刀。その後駅を利用する人たちに成金饅頭が振る舞われ、笑顔が広がりました。


このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする