直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2018年度 > 10月~12月 > 博多大丸と直方市がタッグを組んで直方をPR

博多大丸と直方市がタッグを組んで直方をPR

更新日 2018年11月01日

認定式の様子平成30年10月30日に「九州探検隊アンバサダー認定式」が行われました。

「九州探検隊」とは、株式会社博多大丸が開業65周年事業として九州・沖縄の119市を3年かけて訪問し、行政と連携して各市の情報を収集・発掘するプロジェクトです。市ではさらなる直方PRのため、この趣旨に賛同して「九州探検隊」を直方市のアンバサダーに認定しました。県内で7番目、筑豊地区では2番目の認定となります。

認定式の様子市庁舎で行われた認定式で、博多大丸の万田高史取締役は「魅力ある商品を発掘し、出店するなどして展開していきたい。また、炭坑のまちから生まれ変わろうとしている今の直方にもスポットを当てたい」と挨拶しました。壬生市長は「直方市は小さなまちですが、近代化のエネルギー源となった炭坑町だったことや、まだ知られていない農産物等の魅力を九州全体に発信していきたい」と話しました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする