まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

楽しく歌おう 合唱指導

更新日 2018年10月24日


平成30年10月23日、感田小学校で、直方市出身のソプラノ歌手野上結美さんの合唱指導が行われました。この催しは、プロの声楽家の合唱指導により、子どもたちに歌うことの楽しさと素晴らしさを体感してもらい、感性を養い無限の可能性を応援しようとするものです。

直方少年少女合唱団のメンバーとして活動し、現在は東京でオペラだけでなくジャズなど幅広いジャンルで活躍している野上さんは、生活の中に歌があることで楽しくなるという自分の経験から、子どもたちに歌を好きになってほしいとの思いで指導に取り組んでいるといいます。

合唱指導の様子

合唱指導で野上さんの美しいソプラノの歌声を聞いた児童らは目をまるくしてびっくり。あっと言う間に野上さんのパフォーマンスに引き込まれ、自分の骨格の作りを確認しながら身体を使って呼吸法を学んだり、滑舌を良くするための言葉「あぶりカルビ」を10回繰り返すという練習をしたりしました。その後全員で「もみじ」を合唱し元気な歌声が教室に響きわたりました。

4年1組担任の田中祐子先生は「短い時間の中で歌声がガラッと変わってみるみるうちに上達しましたね」と話し、児童らは「初めてオペラを聞いてびっくりした。声の出し方を教えてもらって大きな声で歌えた」「家でも『あぶりカルビ』を練習したい」と笑顔で話しました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする