まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

鉄道の歴史を学ぶ社会科見学

更新日 2018年11月05日

直方市教育委員会では、直方における石炭と鉄道の歴史を学ぶ社会科見学を、市内の全小学校を対象に行っています。市内のNPO法人汽車倶楽部が保有する旧国鉄バスの車両を使って直方市石炭記念館と汽車倶楽部を訪問します。

平成30年10月3日は、中泉小学校の3年生10人が両施設を訪問。石炭記念館では、八尋館長による石炭の歴史や展示資料の説明を受けた後、石炭の燃焼体験を行いました。独特のにおいを発しながらわき上がる煙を、児童らは興味深そうに見つめていました。

次に訪問したのは汽車倶楽部。古い駅舎や直方機関区のジオラマ、動く模型車両に、児童たちは大きな歓声を上げました。また、蒸気機関車やディーゼル、電車の模型をもとに、石炭から石油へと燃料が変遷した歴史を学びました。社会科見学の様子

最後は、静態保存されている蒸気機関車の前へ移動。先生の「発車」の合図に合わせて、全員で「出発進行」と掛け声をかけると大きな汽笛の音が響きわたりました。運転席に乗り込み乗車体験をした児童らは「機関車に乗れて楽しかった」「機関車の名前がわかったことが嬉しかった」と元気よく話しました。

社会科見学の様子 社会科見学の様子  

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする