直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2018年度 > 7月~9月 > ちょっくらの秋、始まる。2018年秋季ちょっくらふれ旅結団式

ちょっくらの秋、始まる。2018年秋季ちょっくらふれ旅結団式

更新日 2018年09月27日

ちょっくらふれ旅結団式直鞍地域の魅力が詰まった体験型プログラム「ちょっくらふれ旅 秋」の開催に合わせ、担い手たちの結団式を9月26日に行いました。ちょっくらふれ旅は平成24年に始まり、この秋で13回目を迎えます。中央公民館で行われた結団式には11組の担い手が参加。県広域地域振興課の村上盛喜さんは「これまでの参加者は6000人超と、他の地域よりもはるかに多い数字です。直鞍のプログラムがそれだけ魅力あるものだということでしょう。さらに魅力的にするためには、担い手の皆さんの力が必要です。この地域にしかない魅力を深堀りして、発信していきましょう」と挨拶しました。
 

バーベキューの様子

この日は担い手の一人である「山の里自然農園」の宮﨑一雄さん(小竹町)が、担い手としての心構えや参加者との交流を、実体験を交えて話しました。「人のためだけだと長続きしない。自分たちも楽しめるように、探究心を持って工夫していくことが大事」と伝えました。
昼からは場所を遠賀川河川敷公園オートキャンプ場に移し、プログラムのリハーサルを兼ねてバーベキューを実施。担い手のひとりである「肉の筑前屋」の桃田直人さんが、食肉技術専門士として腕をふるい、担い手たちは美味しい肉を食べながら交流しました。
ちょっくらふれ旅秋の開催期間は10月13日から12月28日で、10月1日から参加受け付け開始です。「もの作り」「健康・癒し」「食」等の5分野があり、そば打ち体験や里山散策等、53のプログラムが楽しめます。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする