きれいな水を未来に 下水道展2018開催

更新日 2018年09月13日

下水道展の様子

平成30年9月9日、植木の遠賀川中流浄化センターで「下水道展2018」を開催しました。直方市の下水道普及率は26.2パーセント(平成29年3月末)と、福岡県全体の81.0パーセントよりも低い状況です。この下水道展は下水道の普及を目的に、9月10日の「下水道の日」にあわせて、水をきれいにする仕組みについて理解を深めるイベントです。

下水道展の様子 下水道展の様子

参加者らは雨上がりの涼しい気温の中、下水処理場の施設見学ツアーやビデオ上映、クイズラリー等で、下水道の大切さを学びました。ほかにも、竜徳高校和太鼓部による和太鼓演奏やおもちゃ釣り等の催しに、家族そろって楽しんでいるようでした。見学ツアーに家族3人で参加した西野開登(さくと)さん(4歳)は「水がきれいになるのがすごかった」と話し、家族に「おうちでは水を大切に使う」と約束していました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする