直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2018年度 > 7月~9月 > 高校生と小学生がタッグ 明るい選挙啓発ポスターを制作

高校生と小学生がタッグ 明るい選挙啓発ポスターを制作

更新日 2018年08月17日

選挙ポスター制作の様子平成30年8月1日、中央公民館で「直方市明るい選挙啓発ポスター教室」を開催しました。市選挙管理委員会では、毎年「明るい選挙啓発ポスターコンクール」への応募作品を募集していますが、今年は初の試みとして、描き手となる小学生が市内高校の美術部員らから指導を受けて、ポスターを制作しました。小学生と高校生、他校の学生との交流を通じて楽しく学びながら、選挙や市政に関心を持ってもらうことを目的としています。
 

 小学生に指導する高校生の様子

 この日は、直方北小学校の児童43人、鞍手高校・直方高校・筑豊高校の高校生21人が参加。小学生たちは真っ白な画用紙に、鉛筆で下書きをしていきます。色づけでは、絵の具を混ぜて色を作るコツや筆づかいなどを高校生に教わりながら、のびのびと絵を描きました。
小学2年生の山倉結愛さんは「高校生のお姉さんと話して楽しかった。上手く描けていると思う」とにっこり。直方高校3年生の兵道百花さん(17)は「みんな積極的に絵を描いています。素直で良い子が多いです」と感心していました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする