直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > まちの話題 > 2018年度 > 4月~6月 > 人生は夢だらけ 小学生に向けた「夢授業」

人生は夢だらけ 小学生に向けた「夢授業」

更新日 2018年08月28日

夢授業の様子平成30年6月27日、下境小学校で、様々な職種に携わる社会人の話を聞いて、未来への夢や希望、働くことの意義などを考え、将来設計に役立ててもらう「キャリア教育『夢授業』」が行われました。 この日は、保育士や弁護士、教員ら21人が参加。5年生と6年生86人が、人生の先輩の話を熱心に聞いていました。
仕事のやりがいや魅力を聞くことで、職業観だけでなく人生に対する考えを深めてもらうのが狙い。「この仕事のやりがいは」と児童に問われた光福寺の大友顕立住職は「人から必要とされていると感じたとき」と答えました。手話通訳士の高宮知子さんの話を聞いた6年生の女子児童は「手話は一度学校で習ったことがあった。いろいろなことが話せて伝えられるとわかって、すごいなと思った」と話していました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする