まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

晴れて大人の仲間入り 平成30年直方市成人式

更新日 2018年01月16日

再会を喜ぶ成人たち平成30年1月7日、直方市成人式がユメニティのおがたで開催されました。新成人対象者459人のうち、当日来場したのは男性194人・女性161人。スーツ姿・振り袖姿の華やかな新成人たちが、期待を胸に会場に集いました。
 

式典は鞍手高校吹奏楽部の演奏で華やかな幕開けを飾り、市内四中学校校歌のメドレーが演奏されると、場内は大盛り上がり。演奏後は壬生市長から「本日はおめでとうございます。実行委員を始めとする皆さんの努力のおかげで、愛情あふれる成人式になった。今後は、皆でルールをつくり、守っていかなければならない場面がたくさん出てくる。ぜひ頑張って、自分たちで道を切り開いていってほしい」と激励しました。最後に新成人代表として、小松未咲さん(20)が(直方第二中学校出身)「大学受験という大きな壁にぶつかったとき、先生や友人の励ましが自分を救ってくれた。今日という日は、ゴールでもありスタートでもある。思いやりの心を忘れず、またこれから歩き出します」と挨拶しました。小松さんは「すごく緊張しました。教師という夢に向かって頑張ります」と決意を新たにしていました。

式典の様子  恩師と実行委員たち

旧友と記念撮影ほかにも会場に展示した書を作成した高校生からのメッセージ、垂れ幕を作成した谷尾美術館こどもスタッフからのメッセージ、中学校時代の恩師からの祝辞が贈られました。式典後には歓談の場にて茶菓子がふるまわれ、直方市ご当地グルメキャラクター「焼きスパマン」も登場。会場内外で旧交を温める新成人たちは、皆晴れやかな笑顔に満ちていました。 

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする