教育・文化
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

横穴墓の保存

更新日 2018年03月14日

横穴墓のほとんどは、第三紀の硬い砂岩層に掘り込まれています。この地層は加工しやすく一定の強度を保っていて、横穴墓を掘り込むのには適していますが、掘削後1200年以上も経過して、表面の風化や地下水の浸入などが進んでいるものもあります。当公園では、近年進歩した文化財の保存科学技術を利用して、A2・3号・B17・18横穴墓に、壁面にシリケート系強化剤を注入し、ひび割れはエポキシ系の樹脂で補修して、現状保存をはかっています。

A3号横穴墓群保存工事風景 横穴墓の壁面にドリルで小さな穴をあけています

注射器を穴に設置し、強化剤を注入します

このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館内)

電話:0949-25-2326 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする