教育・文化
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

多賀神社の神幸行事

更新日 2018年03月14日

多賀神社の神幸行事

名称

多賀神社の神幸行事(たがじんじゃのじんこうぎょうじ)

分類

無形民俗文化財

時代

江戸時代から

所在地

直方市大字直方

交通

JR直方駅より徒歩10分

駐車場

なし

その他

4年に一度、10月の第3土日前後に開催
直方市大字直方、古町、日吉町、須崎町、殿町、新町を歩きます。

黒田直方藩5万石の産土神として栄えた多賀神社では、4年に一度10月中旬神幸行事がとりおこなわれれます。このご神幸は江戸時代、当時の宮司青山敏文が京都加茂神社の葵祭りをならい行列をととのえたものです。行事は日没後、多賀神社から新町の須賀神社の仮殿(旅所)に向かうもので、直方の旧城下町の周囲やメインストリートを練り歩き、弓張提灯百数十本に輝く古式豊かな平安絵巻が繰り広げらます。行列として特徴的なものをあげると、日出海(ひのでのうみ)、高砂山、花山の作りものを持つ人・盾・矛・箙(えびら)・弓など古代の武器をもつもの等すべて素襖(すぶすま)・狩衣(かりぎぬ)をきて平安風にととのえられています。依代(よりしろ)は神馬に乗り、錦の覆い(錦蓋)をかけられています。さらに鞍覆(くらおおい)をつけ、上から鳳凰(鸞鳥)をさしかけられています。又、神霊に供する宮司が輿に乗るのも他の神幸と異なります。つきそう氏子達は裃(かみしも)に笠・刀をさし江戸時代の武士の服装をしています。しばらく仮殿に滞在の後、還御(かんぎょ)となり遠賀川で汐井をとり夜も更けた9時頃には本殿に安置され行列が終了します。行事の際、飾り山8台が出て華やかさを盛り上げます。

このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館内)

電話:0949-25-2326 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする