教育・文化
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

石柱梵字曼荼羅碑

更新日 2019年02月15日

石柱梵字曼荼羅碑

名称

石柱梵字曼荼羅碑(せきちゅうぼんじまんだらひ)

所在地

直方市大字植木

交通

JR植木駅より徒歩10分

駐車場

なし

  • 常時公開
  • 禁煙

玄武岩を加工した六角形の柱状石に梵字を刻んだ石碑です。表と裏の両面に梵字と紀年銘とがあります。表には阿弥陀三尊を示した梵字を刻み、裏には梵字で胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)を描き、中央に大日如来、その廻りに四仏四菩薩(しぶつしぼさつ)を配置しています。仏教には顕教(仏典にあらわされた教え)と、密教(仏典の裏に秘められた教え)がありますが、表に「顕教」の阿弥陀三尊、裏に「密教」の曼荼羅を表現している珍しい板碑です。また、福岡県内の板碑(いたび)のうち、銘文のあるものとしては最古のもので極めて貴重な存在です。

この文化財は地区の財産です。見学の際は地区の迷惑にならないよう気をつけましょう。

このページの作成担当・お問い合わせ先

直方市教育委員会 文化・スポーツ推進課 社会教育係(直方市中央公民館内)

電話:0949-25-2326 所在地:直方市津田町7−20 このページの内容についてメールで問い合わせする