直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 教育・文化 > 直方市の教育 > 直方市教育委員会 > 直方市の小・中学校施設の耐震化

直方市の小・中学校施設の耐震化

更新日 2019年02月05日

直方市では、大規模地震にも耐えうるよう学校施設の耐震化を図るため、昭和56年以前の建築基準法に基づいて建設された校舎および屋内運動場(体育館)32棟について、平成18年度に耐震化優先度調査を行いました。

「直方市公立小・中学校施設の耐震化優先度調査および耐震診断結果表」は、直方市内で耐震化の対象となる小・中学校の校舎および屋内運動場(体育館)について、平成18年度実施の耐震化優先度調査結果および平成26年度までに行った耐震診断の結果を表したものです。今後は、優先度調査の結果をもとに順次耐震診断を行い、必要に応じて耐震補強等の工事を実施し、耐震化を進めていきます。

昭和57年以降に建てられた学校施設については、現行の耐震基準を満たしており、耐震診断や補強工事の必要はありません。

なお、耐震化工事のうち構造部材(建物の躯体)については平成27年度までに完了しています。

 

直方市公立小・中学校施設の耐震化優先度調査および耐震診断結果表 (173KB; PDFファイルPDFアイコン)


今後の計画

平成31年度の工事予定


このページの作成担当・お問い合わせ先

教育総務課 教育総務係

電話:0949-25-2321 このページの内容についてメールで問い合わせする