直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 教育・文化 > 学校 > 市立小学校 > 給食用物資納入業者登録
教育・文化
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

給食用物資納入業者登録

更新日 2020年01月20日

直方市学校給食用物資納入業者登録制度について

1.直方市では令和2年度から小学校給食費が公会計へ移行します。

 

直方市では、令和2年4月から小学校の給食費を市の歳入・歳出予算に計上し管理する「公会計」方式に移行します。

 

そのため、令和2年度以降は、小学校給食の食材料費を、市の歳出予算にて支払いを行うこととなります。

 

公会計後も、献立作成、食材発注、給食調理、衛生管理面からの学校給食の特殊性を考慮したうえで、市の契約事務規等に基づく契約行為が必要となります。このことから、給食物資の調達に際して、教育委員会が事業者を選定し、良質な給食物資を安定的に供給が受けられるようにするため、「直方市学校給食用物資納入事業者登録制度」を設けました。

 

※中学校給食への物資納入につきましては、これまで通りの方法で契約、請求を行ってください。ただし、中学校の申請書につきましては、小学校の公会計化の様式に合わせて改定し、下記申請書で統一しております。中学校の給食物資納入希望業者様も小学校と同様の様式になりますのでご確認ください。

 なお、小・中学校両方希望の方は申請書の3納入希望区分の「種別」欄にチェックしていただき、申請書一式を一部提出してください。(申請書一式を小学校と中学校に分けて提出してもらう必要はありません。)



2.直方市学校給食用物資納入事業者登録制度について


(1)直方市(教育委員会)への業者登録

小学校給食に関する給食物資を納入するためには、小学校給食用物資納入業者として事前に直方市(教育委員会)に登録されていることが必要です。

 

(2)登録基準の遵守

本制度の登録にあたっては、以下の基準を遵守いただきます。

(1)学校給食の目的である児童の心身の健全な発育及び教育に果たす役割を認識し、適切な納入が可能なこと。

(2)食品に関する法律及びその他の関係法令等を遵守していること。

(3)品質が確実に保証され、仕入・製造・保管・配送に至るまで、食品の安全と衛生管理が徹底されているとともに、従業員の衛生・健康管理が十分に行われていること。

(4)仕入れ及び製造、加工能力等があり、小学校給食の実施に必要な数量を確実に供給できること。

(5)納入した物資であっても、検収時に発見できなかった腐敗等により学校給食に使用することに不都合があると、教育委員会が認めた場合は、当該物資の引取り又は交換等に応じることができること。

(6)本市が指定した期日、時刻及び場所に納入できる配送能力を有していること。

(7)随時の立ち入り検査については、すみやかに応じることができること。

 

(3)登録の要件

登録のためには、以下の要件を満たしている必要があります。

(1)直方市に納付すべき市税(法人市民税、市民税、固定資産税、国民健康保険税、軽自動車税等)を滞納していないこと。

(2)国税を滞納していないこと。

(3)納入物資への異物混入等の緊急時に直ちに対応できる体制が整っていること。

(4)暴力団員による不当な行為の防止等(平成3年5月15日法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は法人ではなく、その役員も暴力団員ではないこと。

(5)暴力団員による不当な行為の防止等(平成3年5月15日法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係又は社会的に非難される関係を有していないこと。

(6)営業に関して法令上資格を要する業種にあっては、その資格を有していること。

(7)市内に本店、支店、製造工場、営業所等を有していること。ただし、市内業者では、市の指定した期日、時刻、場所に必要な数量を納入することが不可能である物資については、次の通りとする。県内に本店、支店、製造工場、営業所等を有し、給食物資の仕入れや製造加工の能力が十分にあり、市が指示した期日、時刻、場所に確実に納入ができる場合は、上記(2)、(3)、(4)、(5)を満たしていて、県税の滞納がなければ、登録を可能とする。

 

  (4)登録対象となる物資品目


番号

登録品目

具体的な給食物資の品名

01

青果(生鮮)・卵

野菜(生鮮)、果物(生鮮)、卵

02

練り物類

蒲鉾、ちくわ、天ぷら、なると

03

酢・酒・みそ・ソース

 

04

砂糖・油

 

05

豆腐類

豆腐、油揚げ、厚揚げ

06

米・麦

 

07

肉類

牛肉、豚肉、鶏肉、ベーコン、ハム、ウィンナー

08

学校給食用物資全般

冷凍食品、乾物、調味料、肉類、魚類、調味料、デザート、こんにゃく、パン、米、ごはん、飲用牛乳、野菜(処理済含む)、果物(処理済含む)、豆類、アルミケース等

09

調理用牛乳、ヨーグルト

 

10

地元産食材

大豆、地場産野菜・果物

11

給食提供用資材

プラカップ、紙皿、紙コップ、揚げパン用袋

12

その他

(具体的に記入すること)

注1この表の番号は、申請書の登録品目の番号に対応しています。

注2具体的な給食物資の品名は一例を示すものです。

 

(5)必要書類

申請手続きの前に、必ず下記の「直方市学校給食用物資納入業者登録申請の手引き」をご参照下さい。

直方市告示第262号 (106KB; PDFファイル)

直方市学校給食用物資納入業者登録申請の手引き (326KB; PDFファイル)

(1)直方市学校給食用物資納入業者登録申請書

エクセル版 (119KB; MS-Excelファイル)

PDFファイル版 (285KB; PDFファイル)

記載例 (313KB; PDFファイル)

※申請書は直方市の一般契約における業者登録に係る申請書とは違いますので、ご注意下さい。


(2)滞納のない証明書

○市内に本店、支店、製造工場、営業所等を有している者

・直方市役所税務課窓口にて「滞納のない証明書」

・直方税務署にて「納税証明書(未納税額のない証明用)」

 

○市内に本店、支店、製造工場、営業所等を有しない者

・最寄りの県税事務所にて「納税証明書(県税に未納のない証明)」

・最寄りの税務署にて「納税証明書(未納税額のない証明用)」


(3)営業上必要とする食品衛生関係法令の許可証の写し

 

(4)債権者登録申請書

エクセル版 (27KB; MS-Excelファイル)

PDF版 (116KB; PDFファイル)

記載例 (147KB; PDFファイル)

※市から給食用物資代金を支払うための金融機関口座を登録するために必要となります。登録がない場合のみの提出となります。

 

(5)登録後使用の各種様式

①変更・廃止届

エクセル版 (57KB; MS-Excelファイル)

PDF版 (84KB; PDFファイル)

記載例 (183KB; PDFファイル)

 ※届出内容に変更があった場合に、ご提出下さい。


②請求書

エクセル版 (21KB; MS-Excelファイル)

PDF版 (63KB; PDFファイル)

記載例 (257KB; PDFファイル)

 ※納入後、請求の際に下記の物資納入一覧表と合わせてご提出下さい。

③物資納入一覧表

エクセル版 (22KB; MS-Excelファイル)

PDF版 (57KB; PDFファイル)

記載例 (164KB; PDFファイル)

 ※納入後、請求の際に上記請求書と合わせてご提出下さい。

申請期間等

受付期間:令和2年2月3日(月)から令和3年2月28日(金)

(土日・祝日はのぞきます)

受付時間:午前8時30分から正午及び午後1時から午後5時

受付場所:直方市役所2階教育委員会教育総務課学校給食係(24番窓口)

郵送先:〒822-8501直方市殿町7番1号直方市役所2階直方市教育委員会教育総務課学校給食係

電話番号:(0949)-25-2321

※申請書はご持参いただくか、もしくは郵送(令和2年2月28日消印有効)でも受付いたします。

審査結果の通知

審査結果については、決定後通知します。

名簿の有効期間

名簿の有効期間は、名簿登載日(令和2年4月1日)から令和3年3月31日までです。(1年間)

名簿の公開

名簿は、直方市役所ホームページにて公開いたします。

このページの作成担当・お問い合わせ先

教育総務課 学校給食係

電話:0949-25-2321 このページの内容についてメールで問い合わせする